MUSTANG ONLINE SHOP!!
当ショップでは’50s〜’90sにかけての世界中のロック/ポップを中心に、各国からかき集めた、レアなアイテムから、最新のアイテムまで幅広く取り揃えております。お客様、コレクターの方々からの買取、トレードも大歓迎です!大型店にはフォローできない細かな品揃えをお楽しみください!
CD
60S BEAT/POP & ROCK (42) 70S AMERICAN ROCK/POPS (30) 70S BRITISH ROCK/POPS (86) 70S HARD&HEAVY ROCK (23) 80S ROCK/POPS (8) 90S AMERICAN ROCK/POPS (7) 90S BRIT POP/ROCK (34) AEROSMITH (3) ALTERNATIVE/MIXTURE ROCK (44) BEACH BOYS (7) BEATLES (126) BECK, JEFF (10) BLUES/R&B (1) BOSSA NOVA/LATAN/ETHNIC (2) BOWIE, DAVID (5) CLAPTON, ERIC (24) DYLAN, BOB (6) EURO ROCK (14) FEMALE VOCAL (12) FOLK/TRAD (3) GRATEFUL DEAD (9) GUITAR POP/NEO ACCOUSTIC/SI-FI SOUND (13) HARDCORE/MELODIC CORE (17) HEAVY METAL/HARD ROCK (43) HENDRIX, JIMI (2) J-ROCK (5) JAPANESE 70S (2) JAPANESE INDIES : POP/ROCK (8) JAZZ (3) KINKS, the (18) KISS (19) LED ZEPPELIN (56) MONDO/LOUNGE (1) NEO ROCKABILLY (1) NEW WAVE/GOTHIC (10) NEW YORK PUNK&ROCK (3) OASIS (6) POPULAR VOCAL (1) POWER POP / NEO-MODS (2) POWER POP/NEO-MODS (39) PROGRESSIVE & JAZZ ROCK (92) PSYCHEDELIC (7) PUB ROCK (7) PUNK/GARAGE (6) QUEEN (4) ROLLING STONES (62) SINGER SONG WRITER (18) SOUL/FUNK/R&B/BLUES (6) SOUNDTRACK (2) SPRINGSTEEN, BRUCE (1) WHO, the (17) ZAPPA, FRANK (5) 
検索 キーワード
タイトル/ アーティスト/ 型番より検索します。
/ /
商品検索結果: 972件 あります。[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [39]
BEATLES
THE TRUE SATURDAY NIGHT LIVE REHERSALS PAUL MCCARTNEY
Label :VOXX

REC-ID:0016-01
CONDITION:NEW

CD
PRICE
\3,080(消費税 \280)


<コレクターズCD>
ワールド・ツアー直前の'93年2月11日ニュー・ヨークで収録された「サタデー・ナイト・ライヴ」出演時のリハーサルがハイ・クォリティー完全版にて登場です。サウンドボード音源・ゲートフォールド紙ジャケット仕様!!
[TAKEN FROM THE ORIGINAL DIGITAL BETACAM VIDEO TAPES. FEBRUARY 1993,NYC]
 
  →詳細はこちら
MACCA MIXIES PAUL MCCARTNEY
Label :YELLOW CAT

REC-ID:YC071
CONDITION:NEW

CD
PRICE
\2,619(消費税 \238.1)


<コレクターズCD>
オフィシャル盤ではメキシコ盤プロモのみに収録されたレアなミックス等全13曲収録。

*メール便発送OK!
 
  →詳細はこちら
OUT THERE OSAKA 1ST PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-169/170/171
CONDITION:NEW

3CD+DVD
PRICE
\6,076(消費税 \552.4)


<コレクターズCD> サンプル音源
2013年11月、ポールマッカートニーの11年ぶりの来日公演が実現しました。毎回最後の来日公演と言われつつ、今回こそ本当に最後ではないかと噂され、高額チケットにも拘わらず早々に完売し、大阪で追加公演が組まれ、それもまた完売したという、改めて日本におけるビートルズ、ポールの人気の高さに驚かされました。何と言っても11年ぶりの日本公演です。またニューアルバム『NEW』をリリース後の初のツアーであり、フルコンサートであること、世界中のファンがこの日本公演に注目をしていました。

本作は、その2013年日本公演の初日、2013年11月11日大阪京セラドーム公演を収録しています。気になる音質ですが、これはもう素晴らしいのひとこと。これ以上の音質はないといっていいくらいの音質の作品となっています。 ドーム会場という音響に難のある会場において、中央に位置すると音がまわって音響的にいまひとつになりがちですが、VIPチケットによるサウンドチェック音源が含まれている事からわかるとおり、 本作は正真正銘、右寄りの最前列で録音された、まさにベストポジションにおける録音。ヘッドフォンで聴くと如実にわかりますが、会場のPA音ではなく、ステージ上でメンバーが聴いているモニター音を拾っているような音源なのです。また最前列での録音のため、周囲の観客はステージと客席を隔てる策にもたれているため耳障りな拍手もなく、まさに理想的なポジション、理想的な音質、そして理想的なバランスと迫力で収録されています。なにせ最前列で音を拾っているので、会場が広いドームであろうと、どこであろうと、会場の影響を受けません。そして今回のピカデリーサーカス・レーベルのシリーズは、全6公演をほぼ同じ場所、同じ機材で録音されているのが大きな特徴です。

大阪ということで、誰が教えたのか関西弁でMCを入れつつ、非常に熱い演奏を聴かせてくれています。特に初日ということで注目が集まっていましたが、一曲目「Eight Days A Week」が始まった瞬間に、このツアーの成功を確信しました。71歳のロックミュージシャンとは思えぬ力強いヴォーカルとタイトな演奏に引き込まれてしまうのです。ここ何十年と変わらぬポールの歌声に年齢を経ないのではないかと思ってしまうくらいです。特にこの初日は今回の来日公演の中でも最高の出来との評判で、久しぶりの日本のファンの前で、素晴らしい演奏をしようという意気込みが強く感じられるコンサートです。

今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日は「Match Box」や「Blue Suede Shoes」などオールディーズに加え、ウイングスの「Bluebird」やビートルズの「Things We Said Today」など、本編では演奏していないナンバーを披露しています。

また、全公演共通のボーナス特典として、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演をオーディエンスショットで完全収録したプレスDVDがついてきます。オーディエンスショットながらアリーナ席からの近い位置からの迫力ある映像。しかも全曲を収録しているという素晴らしい内容で、思わず見入ってしまうこと間違いありません。特に最後のアビーロード・メドレーを真摯に歌うポールには胸打たれるものがあり、熱いものが込み上げてきます。記念すべき2013年の日本公演を映像でも楽しんで頂けるよう、福岡公演を完全収録したDVDが全公演共通でついてきます。

ポールマッカートニー11年ぶりの来日公演の初日、大阪京セラドーム公演を、これ以上ない最高の音質で完全収録した来日公演の決定盤。本編のみならずサウンドチェックも含め、当日の様子を完全収録。さらに福岡公演を収録したDVDが特典でついてくる。これまでもポールの最新ツアーを厳選かつ継続してリリースしてきたピカデリーサーカス・レーベルが日本のファンにおくる想い出の記録。CDもDVDもすべて美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now

DISC TWO
01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. Get Back 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

DISC THREE
SOUNDCHECK

01. Tuning 02. Instrumental Jam 03. Matchbox 04. Blue Suede Shoes 05. Listen To What The Man Said 06. Celebration 07. C Moon 08. Every Night 09. Things We Said Today 10. Something 11. Everybody Out There 12. Bluebird 13. Lady Madonna

BONUS DVD DISC
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. I Saw Her Standing There 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

*在庫ない場合はお取り寄せとなります。


 
  →詳細はこちら
OUT THERE OSAKA 2ND PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-172/173/174
CONDITION:NEW

3CD+DVD
PRICE
\6,076(消費税 \552.4)


<コレクターズCD>
サンプル音源
2013年11月、ポールマッカートニーの11年ぶりの来日公演が実現しました。毎回最後の来日公演と言われつつ、今回こそ本当に最後ではないかと噂され、高額チケットにも拘わらず早々に完売し、大阪で追加公演が組まれ、それもまた完売したという、改めて日本におけるビートルズ、ポールの人気の高さに驚かされました。何と言っても11年ぶりの日本公演です。またニューアルバム『NEW』をリリース後の初のツアーであり、フルコンサートであること、世界中のファンがこの日本公演に注目をしていました。

本作は、その2013年日本公演の二日日、2013年11月12日大阪京セラドーム公演を収録しています。気になる音質ですが、これはもう素晴らしいのひとこと。これ以上の音質はないといっていいくらいの音質の作品となっています。 ドーム会場という音響に難のある会場において、中央に位置すると音がまわって音響的にいまひとつになりがちですが、VIPチケットによるサウンドチェック音源が含まれている事からわかるとおり、 本作は正真正銘、右寄りの最前列で録音された、まさにベストポジションにおける録音。ヘッドフォンで聴くと如実にわかりますが、会場のPA音ではなく、ステージ上でメンバーが聴いているモニター音を拾っているような音源なのです。また最前列での録音のため、周囲の観客はステージと客席を隔てる策にもたれているため耳障りな拍手もなく、まさに理想的なポジション、理想的な音質、そして理想的なバランスと迫力で収録されています。なにせ最前列で音を拾っているので、会場が広いドームであろうと、どこであろうと、会場の影響を受けません。そして今回のピカデリーサーカス・レーベルのシリーズは、全6公演をほぼ同じ場所、同じ機材で録音されているのが大きな特徴です。

今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日は本編から割愛された「Junior’s Farm」や「Letting Go」などウイングスのナンバーなどを披露。面白いのは、スタッフのハロルドが誕生日ということで「Happy Birthday」を歌っていることです。ちょうどケネディ大統領の誕生パーティにマリリンモンローが登場して歌った、そのモノマネで、ポールが色っぽく “Happy Birthday Mr.President…ハロルド”と歌っているのが笑えます。

今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日は「Match Box」や「Blue Suede Shoes」などオールディーズに加え、ウイングスの「Bluebird」やビートルズの「Things We Said Today」など、本編では演奏していないナンバーを披露しています。

また、全公演共通のボーナス特典として、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演をオーディエンスショットで完全収録したプレスDVDがついてきます。オーディエンスショットながらアリーナ席からの近い位置からの迫力ある映像。しかも全曲を収録しているという素晴らしい内容で、思わず見入ってしまうこと間違いありません。特に最後のアビーロード・メドレーを真摯に歌うポールには胸打たれるものがあり、熱いものが込み上げてきます。記念すべき2013年の日本公演を映像でも楽しんで頂けるよう、福岡公演を完全収録したDVDが全公演共通でついてきます。

ポールマッカートニー11年ぶりの来日公演の二日日、大阪京セラドーム公演を、これ以上ない最高の音質で完全収録した来日公演の決定盤。本編のみならずサウンドチェックも含め、当日の様子を完全収録。さらに福岡公演を収録したDVDが特典でついてくる。これまでもポールの最新ツアーを厳選かつ継続してリリースしてきたピカデリーサーカス・レーベルが日本のファンにおくる想い出の記録。CDもDVDもすべて美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now
DISC TWO
01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. Get Back 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
DISC THREE
SOUNDCHECK

01. Tuning 02. Instrumental Jam 03. Honey Don't 04. Blue Suede Shoes 05. Junior's Farm 06. Letting Go 07. C Moon 08. San Francisco Bay Blues 09. Happy birthday Harold 10. Jam 11. Ram On 12. Leaning On A Lampost 13. Everybody Out There 14. Bluebird 15. Lady Madonna
BONUS DVD DISC
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. I Saw Her Standing There 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

*在庫無い場合はお取寄せとなります。


 
  →詳細はこちら
OUT THERE FUKUOKA PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-175/176/177
CONDITION:NEW

3CD+DVD
PRICE
\6,076(消費税 \552.4)


<コレクターズCD>
2013年11月、ポールマッカートニーの11年ぶりの来日公演が実現しました。毎回最後の来日公演と言われつつ、今回こそ本当に最後ではないかと噂され、高額チケットにも拘わらず早々に完売し、大阪で追加公演が組まれ、それもまた完売したという、改めて日本におけるビートルズ、ポールの人気の高さに驚かされました。何と言っても11年ぶりの日本公演です。またニューアルバム『NEW』をリリース後の初のツアーであり、フルコンサートであること、世界中のファンがこの日本公演に注目をしていました。

本作は、その2013年日本公演の三日日、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演を収録しています。気になる音質ですが、これはもう素晴らしいのひとこと。これ以上の音質はないといっていいくらいの音質の作品となっています。 ドーム会場という音響に難のある会場において、中央に位置すると音がまわって音響的にいまひとつになりがちですが、VIPチケットによるサウンドチェック音源が含まれている事からわかるとおり、 本作は正真正銘、右寄りの最前列で録音された、まさにベストポジションにおける録音。ヘッドフォンで聴くと如実にわかりますが、会場のPA音ではなく、ステージ上でメンバーが聴いているモニター音を拾っているような音源なのです。また最前列での録音のため、周囲の観客はステージと客席を隔てる策にもたれているため耳障りな拍手もなく、まさに理想的なポジション、理想的な音質、そして理想的なバランスと迫力で収録されています。なにせ最前列で音を拾っているので、会場が広いドームであろうと、どこであろうと、会場の影響を受けません。そして今回のピカデリーサーカス・レーベルのシリーズは、全6公演をほぼ同じ場所、同じ機材で録音されているのが大きな特徴です。

MCではお馴染みご当地言葉、博多弁でMCを入れるポールがお茶目で微笑ましいです。またこの日はセットリストに若干変化があり、「Get Back」の位置で「I Saw Her Standing There」が演奏されました。それ以外では、「All Together Now」で入りの場所を間違えてしまい、同じ歌詞を二度繰り返す場面などもありました。

今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日は本編から割愛された「Jet」や、久しぶりの演奏となる「Drive My Car」、さらに臨場したファンのリクエストに応えて「Ram On」と「Your Mother Should Know」を演奏。それぞれ演奏後に「君のために演奏したんだよ」と会場を指差す場面もあります。

また、全公演共通のボーナス特典として、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演をオーディエンスショットで完全収録したプレスDVDがついてきます。オーディエンスショットながらアリーナ席からの近い位置からの迫力ある映像。しかも全曲を収録しているという素晴らしい内容で、思わず見入ってしまうこと間違いありません。特に最後のアビーロード・メドレーを真摯に歌うポールには胸打たれるものがあり、熱いものが込み上げてきます。記念すべき2013年の日本公演を映像でも楽しんで頂けるよう、福岡公演を完全収録したDVDが全公演共通でついてきます。

ポールマッカートニー11年ぶりの来日公演の三日日、福岡ヤフオクドーム公演を、これ以上ない最高の音質で完全収録した来日公演の決定盤。本編のみならずサウンドチェックも含め、当日の様子を完全収録。さらに福岡公演を収録したDVDが特典でついてくる。これまでもポールの最新ツアーを厳選かつ継続してリリースしてきたピカデリーサーカス・レーベルが日本のファンにおくる想い出の記録。CDもDVDもすべて美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE 01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now
DISC TWO
01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. I Saw Her Standing There 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
DISC THREE
SOUNDCHECK

01. Tuning 02. Honey Don't 03. Blue Suede Shoes 04. Jet 05. Drive My Car 06. Let ‘Em In 07. Don’t Let The Sun Catch You Crying 08. San Francisco Bay Blues 09. Things We Said Today 10. Ram On 11. Midnight Special 12. Bluebird 13. Your Mother Should Know 14. New 15. Lady Madonna
BONUS DVD DISC
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. I Saw Her Standing There 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

*在庫無い場合はお取寄せとなります。


 
  →詳細はこちら
OUT THERE TOKYO 1ST PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-178/179/180
CONDITION:NEW

3CD+DVD
PRICE
\6,076(消費税 \552.4)


<コレクターズCD>
サンプル音源
2013年11月、ポールマッカートニーの11年ぶりの来日公演が実現しました。毎回最後の来日公演と言われつつ、今回こそ本当に最後ではないかと噂され、高額チケットにも拘わらず早々に完売し、大阪で追加公演が組まれ、それもまた完売したという、改めて日本におけるビートルズ、ポールの人気の高さに驚かされました。何と言っても11年ぶりの日本公演です。またニューアルバム『NEW』をリリース後の初のツアーであり、フルコンサートであること、世界中のファンがこの日本公演に注目をしていました。

本作は、その2013年日本公演の四日日、2013年11月18日東京ドーム公演を収録しています。気になる音質ですが、これはもう素晴らしいのひとこと。これ以上の音質はないといっていいくらいの音質の作品となっています。 ドーム会場という音響に難のある会場において、中央に位置すると音がまわって音響的にいまひとつになりがちですが、VIPチケットによるサウンドチェック音源が含まれている事からわかるとおり、 本作は正真正銘、右寄りの最前列で録音された、まさにベストポジションにおける録音。ヘッドフォンで聴くと如実にわかりますが、会場のPA音ではなく、ステージ上でメンバーが聴いているモニター音を拾っているような音源なのです。また最前列での録音のため、周囲の観客はステージと客席を隔てる策にもたれているため耳障りな拍手もなく、まさに理想的なポジション、理想的な音質、そして理想的なバランスと迫力で収録されています。なにせ最前列で音を拾っているので、会場が広いドームであろうと、どこであろうと、会場の影響を受けません。そして今回のピカデリーサーカス・レーベルのシリーズは、全6公演をほぼ同じ場所、同じ機材で録音されているのが大きな特徴です。

MCでは大阪や福岡に比べMCにおける日本語の語彙が増え、より成熟したステージを見ることができます。またこの日はセットリストに「Get Back」が復活しています。
今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日は本編から割愛された「Coming Up」や、世界初披露となるニューアルバムからの「On My Way To Work」を演奏。驚くのはきちんとしたバンドでの演奏となっている点です。この曲がそのうちセットリストに入る日も近いのではないかと想像をかきたてられます。

また、全公演共通のボーナス特典として、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演をオーディエンスショットで完全収録したプレスDVDがついてきます。オーディエンスショットながらアリーナ席からの近い位置からの迫力ある映像。しかも全曲を収録しているという素晴らしい内容で、思わず見入ってしまうこと間違いありません。特に最後のアビーロード・メドレーを真摯に歌うポールには胸打たれるものがあり、熱いものが込み上げてきます。記念すべき2013年の日本公演を映像でも楽しんで頂けるよう、福岡公演を完全収録したDVDが全公演共通でついてきます。

ポールマッカートニー11年ぶりの来日公演の四日日、東京ドーム公演初日を、これ以上ない最高の音質で完全収録した来日公演の決定盤。本編のみならずサウンドチェックも含め、当日の様子を完全収録。さらに福岡公演を収録したDVDが特典でついてくる。これまでもポールの最新ツアーを厳選かつ継続してリリースしてきたピカデリーサーカス・レーベルが日本のファンにおくる想い出の記録。CDもDVDもすべて美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now

DISC TWO
01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. Get Back 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

DISC THREE
SOUNDCHECK

01.Tuning 02 Matchbox 03. Blue Suede Shoes 04. Coming Up 05. C Moon 06. Celebration 07. Things We Said Today 08. On My Way To Work 09. San Francisco Bay Blues 10. Ram On 11. Bluebird 12. Lady Madonna

BONUS DVD DISC
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. I Saw Her Standing There 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

*在庫無い場合はお取り寄せとなります。

 
  →詳細はこちら
OUT THERE TOKYO 2ND PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-181/182/183
CONDITION:NEW

3CD+DVD
PRICE
\6,076(消費税 \552.4)


<コレクターズCD>
サンプル音源
2013年11月、ポールマッカートニーの11年ぶりの来日公演が実現しました。毎回最後の来日公演と言われつつ、今回こそ本当に最後ではないかと噂され、高額チケットにも拘わらず早々に完売し、大阪で追加公演が組まれ、それもまた完売したという、改めて日本におけるビートルズ、ポールの人気の高さに驚かされました。何と言っても11年ぶりの日本公演です。またニューアルバム『NEW』をリリース後の初のツアーであり、フルコンサートであること、世界中のファンがこの日本公演に注目をしていました。

本作は、その2013年日本公演の五日日、2013年11月19日東京ドーム公演を収録しています。気になる音質ですが、これはもう素晴らしいのひとこと。これ以上の音質はないといっていいくらいの音質の作品となっています。 ドーム会場という音響に難のある会場において、中央に位置すると音がまわって音響的にいまひとつになりがちですが、VIPチケットによるサウンドチェック音源が含まれている事からわかるとおり、 本作は正真正銘、右寄りの最前列で録音された、まさにベストポジションにおける録音。ヘッドフォンで聴くと如実にわかりますが、会場のPA音ではなく、ステージ上でメンバーが聴いているモニター音を拾っているような音源なのです。また最前列での録音のため、周囲の観客はステージと客席を隔てる策にもたれているため耳障りな拍手もなく、まさに理想的なポジション、理想的な音質、そして理想的なバランスと迫力で収録されています。なにせ最前列で音を拾っているので、会場が広いドームであろうと、どこであろうと、会場の影響を受けません。そして今回のピカデリーサーカス・レーベルのシリーズは、全6公演をほぼ同じ場所、同じ機材で録音されているのが大きな特徴です。

MCでは大阪や福岡に比べMCにおける日本語の語彙が増え、より成熟したステージを見ることができます。「Maybe I’m Amazed」の曲紹介で「この曲はリンダのために書きました」と日本語で言った後、この「書きました」という新しく覚えた語彙を繰り返し、ドヤ顔をしています。またこの日は珍しく2曲が今回の日本公演初披露となり、「Listen To What The Man Said」の代わりに「Jet」が、「I’ve Just Seen A Face」の代わりに「Things We Said Today」が、そして再び「Get Back」に代わって「I Saw Her Standing There」が演奏されました。

今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日はポールが登場する前に、バンドメンバーだけで「On My Way To Work」を延々と練習しているところから収録されています。「Honey Don’t」で始まり、久しぶりの「Flaming Pie」や「Highway」などを演奏。なにより驚きなのは、世界初披露となるニューアルバムからの「Alligator」を演奏している点です。しかもこれまた驚くのは、コーラスを含め、きちんとしたバンドでの演奏となっている点です。この曲がそのうちセットリストに入る日も近いのではないかと想像をかきたてられます。

また、全公演共通のボーナス特典として、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演をオーディエンスショットで完全収録したプレスDVDがついてきます。オーディエンスショットながらアリーナ席からの近い位置からの迫力ある映像。しかも全曲を収録しているという素晴らしい内容で、思わず見入ってしまうこと間違いありません。特に最後のアビーロード・メドレーを真摯に歌うポールには胸打たれるものがあり、熱いものが込み上げてきます。記念すべき2013年の日本公演を映像でも楽しんで頂けるよう、福岡公演を完全収録したDVDが全公演共通でついてきます。

ポールマッカートニー11年ぶりの来日公演の五日日、東京ドーム公演2日日を、これ以上ない最高の音質で完全収録した来日公演の決定盤。本編のみならずサウンドチェックも含め、当日の様子を完全収録。さらに福岡公演を収録したDVDが特典でついてくる。これまでもポールの最新ツアーを厳選かつ継続してリリースしてきたピカデリーサーカス・レーベルが日本のファンにおくる想い出の記録。CDもDVDもすべて美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Jet 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. Things We Said Today 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now
DISC TWO
01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. I Saw Her Standing There 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
DISC THREE
SOUNDCHECK

01. Tuning 02. On My Way To Work 03. Match Box 04. Blue Suede Shoes 05. Flaming Pie 06. Highway 07. Whole Lotta Shakin' 08. Don't Let The Sun Catch You Crying 09. Midnight Special 10. Alligator 11. Leaning On A Lamp Post 12. Ram On 13. San Francisco Bay Blues 14. Bluebird 15. Lady Madonna
BONUS DVD DISC 01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. I Saw Her Standing There 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

*在庫無い場合はお取り寄せとなります。

 
  →詳細はこちら
OUT THERE TOKYO 3RD PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-184/185/186
CONDITION:NEW

3CD+DVD
PRICE
\6,076(消費税 \552.4)


<コレクターズCD>
サンプル音源
2013年11月、ポールマッカートニーの11年ぶりの来日公演が実現しました。毎回最後の来日公演と言われつつ、今回こそ本当に最後ではないかと噂され、高額チケットにも拘わらず早々に完売し、大阪で追加公演が組まれ、それもまた完売したという、改めて日本におけるビートルズ、ポールの人気の高さに驚かされました。何と言っても11年ぶりの日本公演です。またニューアルバム『NEW』をリリース後の初のツアーであり、フルコンサートであること、世界中のファンがこの日本公演に注目をしていました。

本作は、その2013年日本公演の最終日、2013年11月21日東京ドーム公演を収録しています。気になる音質ですが、これはもう素晴らしいのひとこと。これ以上の音質はないといっていいくらいの音質の作品となっています。 ドーム会場という音響に難のある会場において、中央に位置すると音がまわって音響的にいまひとつになりがちですが、VIPチケットによるサウンドチェック音源が含まれている事からわかるとおり、 本作は正真正銘、右寄りの最前列で録音された、まさにベストポジションにおける録音。ヘッドフォンで聴くと如実にわかりますが、会場のPA音ではなく、ステージ上でメンバーが聴いているモニター音を拾っているような音源なのです。また最前列での録音のため、周囲の観客はステージと客席を隔てる策にもたれているため耳障りな拍手もなく、まさに理想的なポジション、理想的な音質、そして理想的なバランスと迫力で収録されています。なにせ最前列で音を拾っているので、会場が広いドームであろうと、どこであろうと、会場の影響を受けません。そして今回のピカデリーサーカス・レーベルのシリーズは、全6公演をほぼ同じ場所、同じ機材で録音されているのが大きな特徴です。

セットリストは東京初日に準じるもので、サプライズこそありませんが、どのツアーでもポールの最終公演はそうであるように、この日も日本公演最終日ということで気合いの入った余力を残さない素晴らしいステージを披露しています。とにかく声が出ている。年齢を考慮せずとも驚きのパワフルさ。まさにすごいの一言。
今回、全6公演のコンサートにおいて、最前列のチケットに加えサウンドチェック観覧が出来るVIPチケットが用意されました。本作にはそのVIPチケット購入者のみ参加できるサウンドチェックの音源も完全収録しています。コンサート本編と異なり、サウンドチェックは日替わりで、時としてリクエストに応えてくれる場面もあり、非常に楽しめるものとなっています。この日はポールが実に久しぶりの演奏となる「Twenty Flight Rock」から始まり、日本でのサウンドチェック初登場「Miss Ann」や、バディホリーの「It’s So Easy」など、今迄のサウンドチェックとは異なる充実した初物揃いのセットリスト。そして驚きなのは「Big Barn Bed」が演奏されたことです。これは海外のサウンドチェックにおいて2度程演奏されたことがありましたが、ここ日本でも、サウンドチェック参加者のリクエストに応える形でウクレレで演奏されました。

また、全公演共通のボーナス特典として、2013年11月15日福岡ヤフオクドーム公演をオーディエンスショットで完全収録したプレスDVDがついてきます。オーディエンスショットながらアリーナ席からの近い位置からの迫力ある映像。しかも全曲を収録しているという素晴らしい内容で、思わず見入ってしまうこと間違いありません。特に最後のアビーロード・メドレーを真摯に歌うポールには胸打たれるものがあり、熱いものが込み上げてきます。記念すべき2013年の日本公演を映像でも楽しんで頂けるよう、福岡公演を完全収録したDVDが全公演共通でついてきます。

ポールマッカートニー11年ぶりの来日公演の最終日、東京ドーム公演3日日を、これ以上ない最高の音質で完全収録した来日公演の決定盤。本編のみならずサウンドチェックも含め、当日の様子を完全収録。さらに福岡公演を収録したDVDが特典でついてくる。これまでもポールの最新ツアーを厳選かつ継続してリリースしてきたピカデリーサーカス・レーベルが日本のファンにおくる想い出の記録。CDもDVDもすべて美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now
DISC TWO
01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. Get Back 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
DISC THREE
SOUNDCHECK

01. Greeting 02. Twenty Flight Rock 03. Blue Suede Shoes 04. Coming Up 05. Flaming Pie 06. Let ‘Em In 07. Miss Ann 08. It’s So Easy 09. San Francisco Bay Blues 10. Every Night 11. Alligator 12. Ram On 13. Big Barn Bed 14. Midnight Special 15. Bluebird 16. Improvisation 17. Lady Madonna
BONUS DVD DISC
01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. I Saw Her Standing There 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

*在庫無い場合はお取り寄せとなります。

 
  →詳細はこちら
NEW' PROMOTIONAL CONCERTS 2013 PAUL McCARTNEY
Label :PICCADILLY CIRCUS

REC-ID:PCCD-163-168
CONDITION:NEW

4CD+2DVD
PRICE
\7,123(消費税 \647.6)


<コレクターズCD>
ニューアルバムのプロモーションとして行なわれた単発ライヴを集大成したタイトルです。 本作の前に、ラスベガスでの「iHEART MUSIC FESTIVAL」、そしてアメリカでのテレビ出演「JIMMY KIMMEL LIVE」は既に同レーベルからリリースされていますが、 その後もポールは積極的にアメリカとイギリスで単発ライヴをこなしています。本作に収録のライヴは全て2013年10月に行なわれたもので、 このわずか1か月の間にこれだけの本数のライヴをこなしているとは驚きです。いかに今回のニューアルバムに力を入れているかが伺えるというもの。それらをCD4枚とDVD2枚にたっぷり収録した来日直前スペシャル・タイトルです。
2013年10月に、ポールは以下の番組にコンサートを行なっています。
10月7日 JIMMY FALLON TV SHOW
10月9日 SCHOOL OF THE ARTS
10月10日 TIMES SQUARE
10月15日 LIVING ROOM TOUR
10月16日 MAIDEA VALE STUDIOS 'LAUREN LAVERNE LIVE'
10月16日 MAIDEA VALE STUDIOS 'BBC IN CONCERT'
10月18日 COVENT GARDEN
10月19日 GRAHAM NORTON SHOW
10月7日ジミー・ファロン・ショーは、アメリカのトーク番組で、ポールは番組中3曲を披露しました。 演奏以外でもコメディに出演したりと芸達者なところを見せています。また驚きなのは、番組の収録が終わった後に、アフターショーとして、番組観覧者を前に別途7曲を演奏している点です。 新曲はもちろんのこと、興味深いのは「恋を抱きしめよう」をバンド・アレンジで演奏している点です。 今まで1993年や2002年のステージなどではアコースティックで演奏されていましたが、このようなバンドアレンジで聴くと、ビートルズが唯一ライヴで演奏したという1965年UKツアーもこのような編成だったのかと興味は尽きません。
10月9日アートスクールでのライヴは、美術学校の高校生を前にしたライヴ。「Eight Days A Week」から始まり「Hey Jude」で終わるという通常ステージを凝縮したような1時間のライヴ。 途中に質問コーナーを挟み、生徒からの質問に答えつつ、ライヴをするという、珍しいステージとなっています。本作に収録のプロショット映像はどこにも出回っていない貴重な映像です。久しぶりに「Jet」を演奏しているのも注目です。
10月10日タイムズスクエアは、通りを封鎖してニューヨークのど真ん中で行なわれたサプライズ・ギグ。わずか4曲の演奏ですが、新曲「Queenie Eye」がライヴ初演となる貴重なテイク。当日は多くの人であふれ、この無料コンサートを大いに楽しんでいる様子が伺えます。
10月15日リヴィング・ルーム・ツアーは、これはライヴ・コンサートではなく、インターネットのトーク映像です。ロンドンにある高層ホテルの一室でインタビューアーとポールがニューアルバムについて語っています。注目すべきはポールの傍らにギターが用意してあり、ポールがニューアルバムの中から2曲、「Alligator」と「On My Way To Work」をそのギター一本で演奏するシーンです。この2曲は一連のプロモーション・コンサートでは一切演奏されておらず、スタジオ・テイク以外の生演奏で聞けるのはこれのみという貴重なテイクです。
10月16日は非常に充実した一日となりました。ポールは午前と午後で、BBCの二つの番組に出演。それぞれでライヴ演奏を行なったのです。まず午前の番組はローレンラバーンが司会を務める番組で、ポールはなんと「Coming Up」から始まるライヴを行なっています。途中で質問コーナーを設けつつ、全8曲を演奏しています。そして前述のタイムズ・スクエアで初演がなされた「Queenie Eye」はここでも2度目のライヴ演奏が行なわれています。そして午後は「PAUL McCARTNEY IN CONCERT」というラジオ番組に出演。ここではほぼ通常のハーフ・ショウ。約1時間に渡る純粋なコンサートを行なっています。珍しいのは久しぶりの演奏となる「My Valentine」、そして「今日の誓い」ではないでしょうか。
10月18日は、今度はロンドンのコベントガーデンで、ニューヨークやロサンゼルスで行ったような路上仮設ステージによるサプライズ・ギグが行なわれました。新曲だけを4曲、ロンドンの街中を仕切って行なわれた無料ライヴ。おそらく何かの収録のためでしょうか、「New」のみ、最初と最後に2度演奏されています。アメリカではよくこのような路上に仮設のステージを作って無料ライヴをサプライズで行ないますが、ロンドンではおそらく初めてではないでしょうか。
そして最後は10月19日のテレビ出演グラハム・ノートン・ショウです。基本的にトーク番組なのですが、終始ポールは出演しており、新曲「New」を披露しました。実際は3曲演奏されたのですが、放送されたのは1曲のみです。
このように、ポールのニューアルバムにかける情熱はすさまじく、過去においてここまで精力的にプロモーション・ライヴを行なうという例はありませんでした。本作に収録以外でも、ライヴ演奏しないまでもインタビューのみの出演や、ロンドンのHMVにおけるサイン会など、ほぼ毎日のようにどこかに出没して話題を振りまいてくれました。そして今後もテレビやラジオ出演などが予定されているということです。それらはまたVol.2に編纂されリリースされることでしょう。
ポールの最新ライヴ、ニューアルバム「NEW」のプロモーションのために行なわれた数多くの単発ステージを網羅した素晴らしいセット!しかも4CD+2DVDというボリューム!日本公演の前に絶対に視聴しておきたいスペシャルなセットです。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤!!スリップケース付です!!

DISC ONE
FRANK SINATRA SCHOOL OF THE ARTS ASTORIA QUEENS NY U.S.A. October 9, 2013

01. Introduction 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. Jet 05. Q&A 06. New 07. Lady Madonna 08. Q&A 09. We Can Work It Out 10. Everybody Out There 11. Blackbird 12. Q&A 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Q&A 15. Band On the Run 16. Back in the U.S.S.R. 17. Hey Jude
TIMES SQUARE NEW YORK CITY NY U.S.A. October 10, 2013
18. Introduction 19. New 20. Save Us 21. Everybody Out There 22. Queenie Eye
BANG & OLUFSEN THE LIVING ROOM TOUR October 15, 2013
23. Alligator 24. On My Way To Work
DISC TWO
JIMMY FALLON TV SHOW October 7, 2013 BROADCAST

01. Introduction 02. Save Us 03. New 04. Lady Madonna
AFTER SHOW
05. Eight Days A Week 06. Jet 07. Everybody Out There 08. We Can Work It Out 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Birthday 11. Being For The Benefit Of Mr.Kite
Lauren Laverne Presents Paul McCartney Live
MAIDEA VALE STUDIOS LONDON U.K. October 16, 2013. Morning Performance

12. Introduction 13. Coming Up 14. Save Us 15. Q&A 16. Junior's Farm 17. We Can Work It Out 18. Q&A 19. New 20. Queenie Eye 21. Ob-La-Di, Ob-La-Da 22. Get Back
DISC THREE
Paul McCartney in Concert
MAIDEA VALE STUDIOS LONDON U.K. October 16, 2013. Afternoon Performance

01. Introduction 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. Jet 05. My Valentine 06. Nineteen Hundred and Eighty Five 07. Another Day 08. Everybody Out There 09. Things We Said Today 10. New 11. Queenie Eye 12. Lady Madonna 13. Being For the Benefit of Mr Kite! 14. Band on the Run 15. Back in the USSR 16. Hey Jude 17. Interview
DISC FOUR
COVENT GARDEN LONDON U.K. October 18, 2013

01. New #1 02. Save Us 03. Everybody Out There 04. Queenie Eye 05. New #2
GRAHAM NORTON SHOW October 19, 2013
06. New
DVD DISC ONE
JIMMY FALLON TV SHOW October 7, 2013 BROADCAST

01. Opening 02. Commedy Sketch 03. Paul Interview 04. Save Us 05. New 06. Lady Madonna
AFTER SHOW
07. Eight Days A Week 08. Jet 09. Everybody Out There 10. We Can Work It Out 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Birthday 13. Being For The Benefit Of Mr.Kite
FRANK SINATRA SCHOOL OF THE ARTS ASTORIA QUEENS NY U.S.A. October 9, 2013
14. Introduction 15. Eight Days A Week 16. Save Us 17. Jet 18. Q&A 19. New 20. Lady Madonna 21. Q&A 22. We Can Work It Out 23. Everybody Out There 24. Blackbird 25. Q&A 26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 27. Q&A 28. Band On The Run 29. Back In the U.S.S.R. 30. Hey Jude
TIMES SQUARE NEW YORK CITY NY U.S.A. October 10, 2013
01. Introduction 02. New 03. Save Us 04. Everybody Out There 05. Queenie Eye
DVD DISC TWO
BANG & OLUFSEN THE LIVING ROOM TOUR October 15, 2013

01. Interview #1 02. Alligator 03. Interview #2 04. On My Way To Work
Lauren Laverne Presents Paul McCartney Live
Maidea Vale Studios, London, UK, October 16, 2013. Morning Performance

05. Introduction 06. Coming Up 07. Save Us 08. Q&A 09. Junior's Farm 10. New 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Get Back
COVENT GARDEN LONDON U.K. October 18, 2013
13. Introduction 14. New #1 15. Save Us 16. Everybody Out There 17. Queenie Eye 18. New #2
GRAHAM NORTON SHOW October 19, 2013
19. Introduction 20. Interview 21. New

*在庫無しの場合はお取り寄せとなります。

 
  →詳細はこちら
TOGETHER ON STAGE 2003 PAUL McCARTNEY & JAMES TAYLOR
Label :PICADDILY CIRCUS

REC-ID:PCCD19/20
CONDITION:NEW

CD+CD SINGLE
PRICE
\4,620(消費税 \420)


毎年豪華ゲストを招き行われ3回目となる「ノー・モア・ランドマイン」チャリティー・イベント、本作は'03年9月23日L.A.ビバリーヒルズ・ヒルトンでジェイムズ・テイラーをゲストに行われた模様を完全収録。30数年ぶりの共演のTWO OF USも目玉ですが、ボーナスCDシングルに収録の当日サウンドチェックの4曲には次回スタジオアルバムに収録予定の新曲も披露!
 
  →詳細はこちら
商品検索結果: 972件 あります。[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [39]
検索 キーワード
タイトル/ アーティスト/ 型番より検索します。
/ /

MUSTANG RECORDS
〒465-0093 名古屋市名東区一社2-34-601
Phone/Fax:052-734-9409

Real Rock Freaks Shop MUSTANG RECORDS

MUSTANG HOME

ご注文の前に
必ずお読みください
English>For Overseas Custmers!

MUSTANG
ONLINE SHOP!!

'60年代から現在までマスタングが セレクトしたアイテムがずらり!!
→ANALOG
→CD
→DVD
ほぼ毎日更新中!!

新着&オススメ盤情報

海外買い付け
&国内レア盤

書籍・コンサートパンフ


楽器

リスト以外の
商品はこちらへ

マスタング・レーベル最新情報!!

マスタングのセール・イベント情報

マスタングレコードのプロフィール

お薦めウェブ!!

ご来店の記念に!!
音楽話で 盛り上がりましょう 。
新入荷情報の告知 w今日の新ネタ』 等、随時あり!!

Copyright (C)1998- MUSTANG RECORDS Inc. All rights reserved.